スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生は楽しんだ者の勝ち!?

今夜、仕事の合間にふとテレビを見た瞬間にタレントのコメントが字幕で出ていた。

「人生は楽しんだ方が勝ち!」

皆様に温かいお言葉、メッセージを頂いて心が豊かになっているはずが、このところ思い悩む日が多い。
自分は本当にやりたいことをやっているのだろうか?
心からしたい事、音楽は何なのだろうか?
僕が生まれてきた意味は?
しかし、悩んでも解決するはずがない。深みにはまるだけ。

そのあと不思議と韓国、台湾、中国でのコンサートの話が決まった。
私が世界の皆様に伝えたいことは?
伝えなきゃいけないことは?

脳みそがいくつあっても足りない。

小浜島にて


きっと、

「音楽も楽しんだ方が勝ち」

なのだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

神楽

それこそが神楽=神を喜ばせる
ですね。

神社に加賀美 いや鏡があるのは
自分の中の神様に
愛 
(会い)に行くから。

神=自分だから!!!

世界中のどこにでもある土。
どの人にも身近にある土。
その土を使って、大沢さんが今日まで体験してきたことや、感じた一つ一つをみなさんの身近にある土から作られた土笛を用いて、そのすばらしさを世界中の人に広めることなんではないでしょうか??
また励ましたり、共感したり・・。
それが、神様が大沢さんを造られたご計画なのではないでしょうか?

音を楽しむと書いて音楽だから、それでいいと思います。^-^
音楽家だから・・・・・

芸術家の意味で言うと、なかには、作品やいろんな事を悩んでつくりあげる部分があると思いますが・・・・・・

どんな事でも仕事なら一生懸命な姿勢が素敵です・・・・・

会社員も駅員さんも機械屋さんも介護ヘルパーさんも、なんでも仕事に対して一生懸命な姿勢が素敵で、社会の為に、家族の幸せな暮らしを維持する為にがんばって^^皆、それでいいんだと思います。。。。。。

家族の為に掃除と洗濯と料理と買い物と子供の世話をする主婦の仕事も自然なながれで・・・・

主婦業の合間に家計の為に近所でパートで働いて・・・・・・をするのも悩んで決めた道ではなくて、自然の流れでして・・・・

楽しく一生懸命がんばって、時々、、ブレスにドキドキして^^幸せな世界に浸り思い出をいただき・・・・・・^^

そして翌日から元気に頑張らせていただいてますよーーーー

ありがたい事です。。。。。。。^-^
この先に選ぶと選ぶまいと女性にとって、主婦にとって介護の毎日が暮らしの大半になったとして、たとえ、コンサートに行けなくなっても

ブレスや様々な音楽が心を癒してくれる事でしょう。。。。。。。。^^

これが今の私の気持ちです^^


オカリナ吹いてる大沢さんの顔がメッチャ好きなんです・・・・・
無論、奏でる音とメロディに癒されますが・・・・・・・・
DVDが欲しいいいいい・・・・・・・本音・・・・・・^^

いつでも姿が観たいいいいい^^笑い

僕が生まれてきた意味

ここまで思い悩むとは、大沢さん、真面目ですね~♪でも、そんな思いも悩みもすべてオカリーナを通して伝わってくるから、聴き入ってしまうのです…音楽が仕事となるとある意味つらいこともあるのでしょうね…でも大丈夫です。大沢さんの紡ぎ出すサウンドを心待ちにしているファンがもう大勢いますからね♪安心して張り切ってくださいね~♪

大沢様。

それは、世界中に melodyを届けること では?

人間に生まれたからこそ、良くも悪くも考える。考える事の出来る動物なんですね。そして「モノ」を扱える生き物。「モノ」を生み出せる生き物。だからこそ、悩みというものと直面する。そこをクリアーしてこそ辿りつく「幸せ」がある。

皆さんと出逢えてよかった。

後から調べたんですけど・・

「楽」て
字は
そのまんま「音楽」という意味なんですね!!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%BD
知りませんでした・・
プロフィール

ocarinista

Author:ocarinista
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。サキソフォーンを服部吉之氏、下地啓二氏。吹奏楽法、音楽表現技法を榊原達氏。ピアノ、ソルフェージュを榊原純子氏。オカリーナを平本孝雄氏に師事。ジャズミュージシャンをしていた両親、トランペット、オカリナ奏者の弟、加々美治と共に音楽一家の恵まれた環境に育つ。病気によりサキソフォーン奏者を断念以降8年間の福祉職を経て、2004年10月、オカリーナプロ活動開始。2006年、 イタリアで東洋人初のリサイタルを開催。翌年以降ブードリオ・オカリーナフェスタ等の国際的フェスティバルの特別ゲストを毎年を務め、コンサート開催国は韓国、台湾、中国、ドイツ、オーストリアの7カ国。世界中から賞賛される。過去にCDを6枚発表。イタリア・オカリーナ博物館にて自身の楽器、CD展示中。楽器創作では、2008年5月、林楽器商会より「Osawa Noble Ocarina」を発表。2010年4月、(株)プリマ楽器より「Osawa Ocarina」を発表。いずれも3オクターブの音域を持つトリプレットオカリナを発表する。音楽教育では、東京、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡にて講座を展開中。2008年度国際芸術連盟音楽賞受賞。第3回東京サミット音楽コンクール奨励賞を共にオカリーナで受賞。国際芸術連盟専門家会員。全日本演奏会協会会員。トート音楽院渋谷校オオサワオカリナクラス講師。山梨市観光大使。他に介護福祉士国家資格、社会福祉主事を取得し、魂から湧き上がる表現力が定評の次世代オカリーナ奏者。

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。