スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石渡先生、おめでとうございました!

今年に入り、何と飛行機に16回乗ってる程、飛び回ってます。。。

先日、国立音楽大学時代の恩師である石渡先生の喜寿のお祝い会に参加させて頂ました。

受付

実は、、、高校時代は服部吉之氏に師事し、大学時代は下地クラスに在籍していましたので、石渡先生にはサックスオーケストラ等のアンサンブル以外で個人的にレッスンを受けた事は一度もありませんでした。しかし、僕が顎を壊した事をすごく心配して下さって、直接的な生徒ではない僕にも優しくお声を掛けて下さいました。後にオカリナ奏者に転向しても、コンサートに来てくださった事もありました。

会場には国立音楽大学と東京音楽大学の門下生たちが全国から集まっています。そして、記念演奏と先生の演奏をみんなで聴いています。とても77歳とは思えない素晴らしい音。僕が同じ年になった時、こういう事が出来るのかな。。。と、いろんな事を想像しながら聴かせて頂きました。

全体像

かっこい喜寿ですね!

先生ズーム

そして、大学時代サキソフォンカルテットを一緒にさせて頂いていた滝上氏と同級生の鍋ちゃん&花ちゃん。仲間っていいもんですね!

滝上さん

さらに、さらにっ!

僕が追い求めている音楽をされているスーパースター、F1グランプリのテーマソングで有名な、元T-スクエアーのリードサックス本田雅人さんと一緒に写真を撮って頂きました!僕が唯一、本田さんのデビューアルバム当初から欠かすことなくCDを買い続けている程大好きな方。以前、大阪の三木楽器で僕の「オオサワオカリナ」を吹かれたとの事!一度会ってお話しいと思っていたところ、石渡先生のご縁によって導かれました。嬉しかったな。。。

憧れの人と

今度のライブで是非共演をっ!なんて、生意気な事を言ってたような気がします。大変失礼しました!

最後に先生ご夫婦と記念撮影。

最後に

先生、本当に末永くお元気でご活躍ください!また、諸先輩方、かわいい後輩達、そして楽しい仲間達とお会いできた事、語り会えた事、久しぶりに心が晴れる有意義な時間を過ごさせて頂ました。ありがとうございました。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ocarinista

Author:ocarinista
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。サキソフォーンを服部吉之氏、下地啓二氏。吹奏楽法、音楽表現技法を榊原達氏。ピアノ、ソルフェージュを榊原純子氏。オカリーナを平本孝雄氏に師事。ジャズミュージシャンをしていた両親、トランペット、オカリナ奏者の弟、加々美治と共に音楽一家の恵まれた環境に育つ。病気によりサキソフォーン奏者を断念以降8年間の福祉職を経て、2004年10月、オカリーナプロ活動開始。2006年、 イタリアで東洋人初のリサイタルを開催。翌年以降ブードリオ・オカリーナフェスタ等の国際的フェスティバルの特別ゲストを毎年を務め、コンサート開催国は韓国、台湾、中国、ドイツ、オーストリアの7カ国。世界中から賞賛される。過去にCDを6枚発表。イタリア・オカリーナ博物館にて自身の楽器、CD展示中。楽器創作では、2008年5月、林楽器商会より「Osawa Noble Ocarina」を発表。2010年4月、(株)プリマ楽器より「Osawa Ocarina」を発表。いずれも3オクターブの音域を持つトリプレットオカリナを発表する。音楽教育では、東京、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡にて講座を展開中。2008年度国際芸術連盟音楽賞受賞。第3回東京サミット音楽コンクール奨励賞を共にオカリーナで受賞。国際芸術連盟専門家会員。全日本演奏会協会会員。トート音楽院渋谷校オオサワオカリナクラス講師。山梨市観光大使。他に介護福祉士国家資格、社会福祉主事を取得し、魂から湧き上がる表現力が定評の次世代オカリーナ奏者。

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。