何とかなってますが)^o^(

台風たら前線やらで、移動が多い僕には辛い季節。

広島でも大変な雨にやられ、タクシー待ちの皆さんでごった返していたので、覚悟を決め川のようになっていた道路をひたすら1時間歩きました。翌日のフェアーは無事に終了!よかったね!
すみだトリフォニーホール大ホールでの演奏。1800席あるホールでマイクなし&本邦初演の現代クラシック。

シビれました。。。 僕のオカリナはグランドピアノに負けない音量音色で満員の皆様に伝わりました。ホールの持つ響きが味方してくれて、嬉しかったな~。
久しぶりに山梨に帰るも、自宅へは1泊?!すぐに旅が始まりました!事務所で勝沼ぶどう祭りで共演する井上先生とリハーサル終了後、駅まで10っぽ歩いて(私の事務所と駅は劇的に近いんです)特急かいじに乗り、現在西に向かう為、引き返すかとんでもない空港へ向かうという飛行機をキャンセルして新幹線にチェンジ!吉と出るか凶と出るか??

現在、30分の運転取りやめを経て、運転再開!
どうやら、吉だったかな?!
今週はこのまま中国の工場へ向かいます。
こう見えて、
忙しい人です(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ocarinista

Author:ocarinista
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。サキソフォーンを服部吉之氏、下地啓二氏。吹奏楽法、音楽表現技法を榊原達氏。ピアノ、ソルフェージュを榊原純子氏。オカリーナを平本孝雄氏に師事。ジャズミュージシャンをしていた両親、トランペット、オカリナ奏者の弟、加々美治と共に音楽一家の恵まれた環境に育つ。病気によりサキソフォーン奏者を断念以降8年間の福祉職を経て、2004年10月、オカリーナプロ活動開始。2006年、 イタリアで東洋人初のリサイタルを開催。翌年以降ブードリオ・オカリーナフェスタ等の国際的フェスティバルの特別ゲストを毎年を務め、コンサート開催国は韓国、台湾、中国、ドイツ、オーストリアの7カ国。世界中から賞賛される。過去にCDを6枚発表。イタリア・オカリーナ博物館にて自身の楽器、CD展示中。楽器創作では、2008年5月、林楽器商会より「Osawa Noble Ocarina」を発表。2010年4月、(株)プリマ楽器より「Osawa Ocarina」を発表。いずれも3オクターブの音域を持つトリプレットオカリナを発表する。音楽教育では、東京、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡にて講座を展開中。2008年度国際芸術連盟音楽賞受賞。第3回東京サミット音楽コンクール奨励賞を共にオカリーナで受賞。国際芸術連盟専門家会員。全日本演奏会協会会員。トート音楽院渋谷校オオサワオカリナクラス講師。山梨市観光大使。他に介護福祉士国家資格、社会福祉主事を取得し、魂から湧き上がる表現力が定評の次世代オカリーナ奏者。

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク