スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国にてオオサワオカリナ発信!

新しいプロジェクトは、オオサワオカリナの本格的海外進出。まずはお隣の国、韓国にて発売を開始します!
日本国内で販売されているオオサワオカリナそのままですと、すこし趣向が違うので、私の中にある韓国のオカリナの特性や、レッスンを通して、実施に韓国でオカリナを吹いている人からイメージを頂いて私の中で平均値を叩き出し、その思いを形にしました。

デザインの根本は「天使の羽」天使は神の世界と現世の中間に存在し、私たちを守ってくれる存在。この楽器を手にした時に、そしてステージ上で何かに守られて神秘的な音が奏でられるようにという願いを込めて設計しました。
音色はとても澄んでいて、なおかつ美しく。しかし芯のある伸びやかな音。きっと韓国のみなさんにお喜び頂けるでしょう。
すでに韓国国内ではたくさんのメーカーが安価で色んな複数管オカリナをリリースしていますが、どれもあまり良い楽器とは言えない状況にあったので、中々発展しない経緯がありました。このオカリナが世に出れば、きっと流れは変わってくると信じています。

韓国専門設計のため、残念ながら日本国内での発売は予定されてません。逆に韓国の方が通常のオオサワオカリナを買う事も、基本的にはできないようになっていますので、あしからず。。。
今後も世界中のオカリナ愛好家が複数管オカリナを気軽に使える日がくるように、努力を重ねていきます。
そうそう、オオサワオカリナに絵付けしている、景徳鎮で学んだ彼を紹介です。
中国国内にはたくさんの絵付師がいて、なかなか仕事に就けないのが現状だそうです。しかし、オカリナに絵付けする仕事に就き、さらにオオサワオカリナの専属絵付師として活躍できる事がなにより嬉しいとかたってくれています。

彼の素敵な絵があってこそ僕のオカリナ。
いつもありがとう!!です。
その後、恒例の大宴会。これ毎日です。。。

美味しいものたくさんの頂いて、明日も頑張らなきゃです。明日はその先の展開についてプロジェクト会議。
apple製品に負けない位の進化スピードを保ちたいですね。
では、これから頭を休めてきます。
おやすみなさい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ocarinista

Author:ocarinista
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。サキソフォーンを服部吉之氏、下地啓二氏。吹奏楽法、音楽表現技法を榊原達氏。ピアノ、ソルフェージュを榊原純子氏。オカリーナを平本孝雄氏に師事。ジャズミュージシャンをしていた両親、トランペット、オカリナ奏者の弟、加々美治と共に音楽一家の恵まれた環境に育つ。病気によりサキソフォーン奏者を断念以降8年間の福祉職を経て、2004年10月、オカリーナプロ活動開始。2006年、 イタリアで東洋人初のリサイタルを開催。翌年以降ブードリオ・オカリーナフェスタ等の国際的フェスティバルの特別ゲストを毎年を務め、コンサート開催国は韓国、台湾、中国、ドイツ、オーストリアの7カ国。世界中から賞賛される。過去にCDを6枚発表。イタリア・オカリーナ博物館にて自身の楽器、CD展示中。楽器創作では、2008年5月、林楽器商会より「Osawa Noble Ocarina」を発表。2010年4月、(株)プリマ楽器より「Osawa Ocarina」を発表。いずれも3オクターブの音域を持つトリプレットオカリナを発表する。音楽教育では、東京、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡にて講座を展開中。2008年度国際芸術連盟音楽賞受賞。第3回東京サミット音楽コンクール奨励賞を共にオカリーナで受賞。国際芸術連盟専門家会員。全日本演奏会協会会員。トート音楽院渋谷校オオサワオカリナクラス講師。山梨市観光大使。他に介護福祉士国家資格、社会福祉主事を取得し、魂から湧き上がる表現力が定評の次世代オカリーナ奏者。

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。