オカリナ発祥の地、イタリアブードリオ市名誉市民。

オカリナ発祥の地、イタリアブードリオ市名誉市民。だったようです。。。そう、しかも7年前から。。。
それは、
先日大阪にてファビオ氏にお会いした時に、名刺を差し上げた時に起こった出来事。山梨県の観光大使の名刺を差し上げた時に、ファビオ氏にから名誉市民の事を言われました。
思えば7年前、初めてのブードリオオカリナフェスティバルのゲスト出演をした時に、大阪の小林理子先生と何かの式典らしきものに参加して、その時にイタリア語で書かれていたプレートと共に100年以上前のオカリナのプレゼントを頂いた事を覚えています。それこそ、まさに名誉市民の授与式だったようです。。。
言語が出来ないって、そして、内容が理解できていなかった事は悲しかったですね。そう、7年間ね。。。
という事で、改めまして祝名誉市民!!

さっそく記念パーティーの準備しなきゃ。。。
チャオーーーーっ!
以上、無事に調整検品のを終えた韓国からのご報告でした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ocarinista

Author:ocarinista
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。サキソフォーンを服部吉之氏、下地啓二氏。吹奏楽法、音楽表現技法を榊原達氏。ピアノ、ソルフェージュを榊原純子氏。オカリーナを平本孝雄氏に師事。ジャズミュージシャンをしていた両親、トランペット、オカリナ奏者の弟、加々美治と共に音楽一家の恵まれた環境に育つ。病気によりサキソフォーン奏者を断念以降8年間の福祉職を経て、2004年10月、オカリーナプロ活動開始。2006年、 イタリアで東洋人初のリサイタルを開催。翌年以降ブードリオ・オカリーナフェスタ等の国際的フェスティバルの特別ゲストを毎年を務め、コンサート開催国は韓国、台湾、中国、ドイツ、オーストリアの7カ国。世界中から賞賛される。過去にCDを6枚発表。イタリア・オカリーナ博物館にて自身の楽器、CD展示中。楽器創作では、2008年5月、林楽器商会より「Osawa Noble Ocarina」を発表。2010年4月、(株)プリマ楽器より「Osawa Ocarina」を発表。いずれも3オクターブの音域を持つトリプレットオカリナを発表する。音楽教育では、東京、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡にて講座を展開中。2008年度国際芸術連盟音楽賞受賞。第3回東京サミット音楽コンクール奨励賞を共にオカリーナで受賞。国際芸術連盟専門家会員。全日本演奏会協会会員。トート音楽院渋谷校オオサワオカリナクラス講師。山梨市観光大使。他に介護福祉士国家資格、社会福祉主事を取得し、魂から湧き上がる表現力が定評の次世代オカリーナ奏者。

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク