スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血で思い出した!

今夜のリハーサルで。

25日のライブのピアニストは名古屋芸術大学でジャズ理論、ピアノを教えるダニー氏。彼はアメリカのジョージア州出身。母国語は英語。ドラム&パーカッションを担当するのは、以前からお付き合いのあるルベン氏で、南米ペルー出身。彼も名古屋芸術大学でパーカッションと母国語のスペイン語の教壇に立つ。この2人に挟まれてフロントを勤める私は純潔の日本人。後ろの2人が奏でるお洒落な和音と複雑なリズムは、私の自慢の感覚を余裕で超えていく。日本語に存在しないシンコペーション、変拍子が僕を惑わす。こんなに惑わされたのは久しぶり。そこに「逆境」というやりがいのある現場が発生するものだ。リハーサルとはいえ、僕はスーパーハイテンション状態で演奏していた。めちゃめちゃ楽しい。自分が自分で無くなる瞬間がある。その分のしわ寄せが今来ていますが。。。実はこの脱力感も好き。

日本人にはない、絶対的?圧倒的なリズム感の違い。これはお越し頂く皆様にご満足頂ける新しい世界と確信しています。演奏予定曲にこだわってみました。そんな彼たちと演奏する曲はっ!

・春が来た+さくらさくら
・ふるさと
・ジョージア
・コンドルは飛んでいく
・星に願いを
・ダニーボーイ
・赤い靴はいてた女の子
・花(沖縄ソング)

などありえない感じです。普通のオカリナのライブと思うオーダーに彼たちのリズムと変拍子、独特のキメ技を仕込んでいます。久しぶりにかっこいいオカリナ演奏が出来る事に、今から楽しみで、楽しみでっ!
普通ではない、異常!?なオカリナライブになりそうですよ!

まだ、前売りでお席が確保出来ますので、ご近所お誘い合わせの上、お越し下さい^^
スポンサーサイト
プロフィール

ocarinista

Author:ocarinista
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。サキソフォーンを服部吉之氏、下地啓二氏。吹奏楽法、音楽表現技法を榊原達氏。ピアノ、ソルフェージュを榊原純子氏。オカリーナを平本孝雄氏に師事。ジャズミュージシャンをしていた両親、トランペット、オカリナ奏者の弟、加々美治と共に音楽一家の恵まれた環境に育つ。病気によりサキソフォーン奏者を断念以降8年間の福祉職を経て、2004年10月、オカリーナプロ活動開始。2006年、 イタリアで東洋人初のリサイタルを開催。翌年以降ブードリオ・オカリーナフェスタ等の国際的フェスティバルの特別ゲストを毎年を務め、コンサート開催国は韓国、台湾、中国、ドイツ、オーストリアの7カ国。世界中から賞賛される。過去にCDを6枚発表。イタリア・オカリーナ博物館にて自身の楽器、CD展示中。楽器創作では、2008年5月、林楽器商会より「Osawa Noble Ocarina」を発表。2010年4月、(株)プリマ楽器より「Osawa Ocarina」を発表。いずれも3オクターブの音域を持つトリプレットオカリナを発表する。音楽教育では、東京、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡にて講座を展開中。2008年度国際芸術連盟音楽賞受賞。第3回東京サミット音楽コンクール奨励賞を共にオカリーナで受賞。国際芸術連盟専門家会員。全日本演奏会協会会員。トート音楽院渋谷校オオサワオカリナクラス講師。山梨市観光大使。他に介護福祉士国家資格、社会福祉主事を取得し、魂から湧き上がる表現力が定評の次世代オカリーナ奏者。

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。