久しぶりの自遊時間。

船内でブログを更新していましたら。海上だった為にちゃんと時間通りに更新されていませんでしたね!ごめんなさい!!

今朝8:30に新門司港に着岸し、フェリーから降りました。

船出

寝ている間に車やバイクと共に移動できるのは、ありがたいですね。九州自動車道「門司」インターから高速に乗り、福岡の少し南から阿蘇へアクセスしようと考えました。

門司インター

そして、八女インターで降りました。ここはお茶所のようで、たくさんのお茶屋さんが目につきます!福岡じゃなくて、静岡?!

女心

サービスエリアで頂いた九州マップでは細かくわからないので、途中で昔愛読していた「ツーリングマップル」数年ぶりにを購入。

ツーリングマップル

この地図はツーリングライダー目線で地図内に地元の方が行くような細かく貴重なガイドが書いてあるので、地図をみながら楽しく行き先を決めていけます。そして道路状況も細かく書いてあるので、気持ちよい快走路を選択しながら走行していけます。おすすめですよ!

ツーリングマップルのおすすめ情報より、阿蘇へ向かう中間地点でおそばで有名な「小国」エリアへ向かう。

小国

欲張って大盛りを頼んだらとんでもない事に、、、九州のおそばに良いイメージがありませんでしたが、今日食べたおそばは、情報通りとっても美味しく頂きました!

おそば

さて、おなかがいっぱいになったところで、今度は心も満タンしにいこう!ということで足早に阿蘇を目指します。まるで天空の中を突き進むような感触で運転できる絶景を楽しみながらのドライブ。

絶景1

オカリナ奏者をする少し前、僕がまだ身体障害者療護施設で仕事している時、立ち上げをした新規の施設で職員教育をしながら昼も夜も休みなく必死に働いていました。そんな時、3日間だけ休暇を頂いて向かったここ阿蘇。この先の人生に大きな不安を抱え、気持ちを転換しようとバイクで雨に打たれながら走っていた10年前。。。阿蘇の景色も、僕も何も変わってない。時間だけが過ぎてしまったような錯覚を覚えました。さらに10年後、僕はこの場所へ戻って来れるのだろうか?いろんな事を考えながら時間は過ぎていきました。僕にはこんな時間も実に貴重。最近してなかった事の根本。これだったのかもしれません。嬉しかったこの時間。。。

絶景2

そして火口まで走り、パチリっ。

火口

しばしぼーっとしてから、ここからは熊本市街へ。熊本インター手前、大渋滞してました(泣)

渋滞

さっ、明日、明後日はヤマハ福岡天神センターでのレッスンです!
と~ても頑張れそうです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ocarinista

Author:ocarinista
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。サキソフォーンを服部吉之氏、下地啓二氏。吹奏楽法、音楽表現技法を榊原達氏。ピアノ、ソルフェージュを榊原純子氏。オカリーナを平本孝雄氏に師事。ジャズミュージシャンをしていた両親、トランペット、オカリナ奏者の弟、加々美治と共に音楽一家の恵まれた環境に育つ。病気によりサキソフォーン奏者を断念以降8年間の福祉職を経て、2004年10月、オカリーナプロ活動開始。2006年、 イタリアで東洋人初のリサイタルを開催。翌年以降ブードリオ・オカリーナフェスタ等の国際的フェスティバルの特別ゲストを毎年を務め、コンサート開催国は韓国、台湾、中国、ドイツ、オーストリアの7カ国。世界中から賞賛される。過去にCDを6枚発表。イタリア・オカリーナ博物館にて自身の楽器、CD展示中。楽器創作では、2008年5月、林楽器商会より「Osawa Noble Ocarina」を発表。2010年4月、(株)プリマ楽器より「Osawa Ocarina」を発表。いずれも3オクターブの音域を持つトリプレットオカリナを発表する。音楽教育では、東京、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡にて講座を展開中。2008年度国際芸術連盟音楽賞受賞。第3回東京サミット音楽コンクール奨励賞を共にオカリーナで受賞。国際芸術連盟専門家会員。全日本演奏会協会会員。トート音楽院渋谷校オオサワオカリナクラス講師。山梨市観光大使。他に介護福祉士国家資格、社会福祉主事を取得し、魂から湧き上がる表現力が定評の次世代オカリーナ奏者。

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク