スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しずつ故郷への恩返しをしていきたい。。。

過去に「大沢さんは故郷の静岡でのコンサートコンサートをしないのか?」と地元新聞に掲載された事もありました。学生時代からサックス奏者として期待して頂いていたのに夢を果たせず。その想いが故郷での活動を遠のけ、皆様に申し訳ない気持ちがいっぱいでした。まだまだ未熟な私は、音楽家として復活したなんて到底思えるような状態になく、地元で活発な活動を展開したら家族や親戚、そして大切な友人達に多大な迷惑が掛かってしまうと思っていました。もっとたくさんテレビ等に出るようになって、誰が見てもあのオカリナ奏者だと言われるまでは本格的な活動を避けるべきだと考えていました。故郷は遠きにありて想うもの。僕の中での存在は、いつになっても変わっていません。

そんな中、今年オカリナ活動生活10周年。

これ以上年を重ねると、それ以前に活動自体をこなす体力も落ちていきそうで不安を抱えるでしょう。10年という節目である今年から、少しずつ僕を育ててくれた恵み多き土地に、感謝の気持ちを込めて「今」演奏すべきではと思えるようになりました。僕という存在を創り上げてくれた風土。そして観光大使をさせて頂いている僕の住む町を、点から線へ結ぶ仕事をしていきたいと思っています。その活動の起点として3月9日に2カ所でコンサートをさせて頂きます。そのような強い気持ちを持って臨むコンサート、ぜひご来場頂ければと思います。

すみやコンサート

そして、中学校でサックスを始めてからお世話になっています楽器店「すみや」さんで演奏させて頂ける事、この場所から何かを発信したいと考えています。

新たなるステージへ。

皆さんにとって有意義な時間になりますよう、精一杯頑張ります!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ocarinista

Author:ocarinista
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。サキソフォーンを服部吉之氏、下地啓二氏。吹奏楽法、音楽表現技法を榊原達氏。ピアノ、ソルフェージュを榊原純子氏。オカリーナを平本孝雄氏に師事。ジャズミュージシャンをしていた両親、トランペット、オカリナ奏者の弟、加々美治と共に音楽一家の恵まれた環境に育つ。病気によりサキソフォーン奏者を断念以降8年間の福祉職を経て、2004年10月、オカリーナプロ活動開始。2006年、 イタリアで東洋人初のリサイタルを開催。翌年以降ブードリオ・オカリーナフェスタ等の国際的フェスティバルの特別ゲストを毎年を務め、コンサート開催国は韓国、台湾、中国、ドイツ、オーストリアの7カ国。世界中から賞賛される。過去にCDを6枚発表。イタリア・オカリーナ博物館にて自身の楽器、CD展示中。楽器創作では、2008年5月、林楽器商会より「Osawa Noble Ocarina」を発表。2010年4月、(株)プリマ楽器より「Osawa Ocarina」を発表。いずれも3オクターブの音域を持つトリプレットオカリナを発表する。音楽教育では、東京、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡にて講座を展開中。2008年度国際芸術連盟音楽賞受賞。第3回東京サミット音楽コンクール奨励賞を共にオカリーナで受賞。国際芸術連盟専門家会員。全日本演奏会協会会員。トート音楽院渋谷校オオサワオカリナクラス講師。山梨市観光大使。他に介護福祉士国家資格、社会福祉主事を取得し、魂から湧き上がる表現力が定評の次世代オカリーナ奏者。

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。