懐かしの井の頭公園で演奏しますよー!!

国立音楽大学時代、そして、歌手を目指して再上京した際によく立ち寄った都会のオアシス。

井の頭公園


この場所というと。。。将来どうしようという苦しみが僕につきまとっていた頃かな。。。
サックスも吹けない、歌で再チャレンジしても成功が見えない闇の中、音楽を完全に諦め、福祉の仕事で生きていこうと決めた、思い出の場所でもあります。

素敵な風景が広がる公園内を散歩すると、ちょっぴり気持ちが晴れた気がしてたな。。。

大沢聡として演奏家復活し、井の頭公園の中で演奏出来ることは、僕の人生が、時代が完全に変化をしている事を実感出来る事だと思います。生きていて、本当によかった。。。

今できる事を精一杯。
今もこれからも貫いて行きたいです。

俺は戻ってきたどーーーーーっ!!
是非、皆さん、聴きに来て下さい!!


●「オカリーナとピアノの調べ」in井の頭公園自然文化園

日時  2014年2月23日(日) 13時30分~15時

場所  動物園(本園) 彫刻館B館(全席自由150席)

出演者 オカリーナ:大沢 聡さん  ピアノ:丹内 真弓さん

内容
 大地から生まれた神秘的で魅力的な楽器、オカリーナ。3オクターブの音域を持つオカリーナからあふれ出す多彩な音色と、変幻自在に奏でるピアノの調べ。新しいオカリーナの世界を存分にお楽しみください。

◎大沢聡さんプロフィール (ホームページはこちら)
 国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。3オクターブの音域を持つオカリーナを使用し、その音域・重音を自己の音楽性とミックスさせた、魂から湧き上がる表現力が定評の次世代オカリーナ奏者。

◎丹内真弓さんプロフィール
 尾道市出身。東京音楽大学ピアノ科卒。作編曲できるピアニストとしてコンサートやレコーディング、あらゆるジャンルの舞台音楽担当の他、楽譜出版物も多数手掛けている。オフィス・タンナイ主宰。

詳細はこちら↓

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=ino&link_num=21973&fb_action_ids=634568286608208&fb_action_types=og.likes&fb_source=other_multiline&action_object_map=%5B183006788564732%5D&action_type_map=%5B%22og.likes%22%5D&action_ref_map=%5B%5D
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ocarinista

Author:ocarinista
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。サキソフォーンを服部吉之氏、下地啓二氏。吹奏楽法、音楽表現技法を榊原達氏。ピアノ、ソルフェージュを榊原純子氏。オカリーナを平本孝雄氏に師事。ジャズミュージシャンをしていた両親、トランペット、オカリナ奏者の弟、加々美治と共に音楽一家の恵まれた環境に育つ。病気によりサキソフォーン奏者を断念以降8年間の福祉職を経て、2004年10月、オカリーナプロ活動開始。2006年、 イタリアで東洋人初のリサイタルを開催。翌年以降ブードリオ・オカリーナフェスタ等の国際的フェスティバルの特別ゲストを毎年を務め、コンサート開催国は韓国、台湾、中国、ドイツ、オーストリアの7カ国。世界中から賞賛される。過去にCDを6枚発表。イタリア・オカリーナ博物館にて自身の楽器、CD展示中。楽器創作では、2008年5月、林楽器商会より「Osawa Noble Ocarina」を発表。2010年4月、(株)プリマ楽器より「Osawa Ocarina」を発表。いずれも3オクターブの音域を持つトリプレットオカリナを発表する。音楽教育では、東京、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡にて講座を展開中。2008年度国際芸術連盟音楽賞受賞。第3回東京サミット音楽コンクール奨励賞を共にオカリーナで受賞。国際芸術連盟専門家会員。全日本演奏会協会会員。トート音楽院渋谷校オオサワオカリナクラス講師。山梨市観光大使。他に介護福祉士国家資格、社会福祉主事を取得し、魂から湧き上がる表現力が定評の次世代オカリーナ奏者。

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク